• トップページ
  • イメージを覆す

イメージを覆す

女性に限らず男性でもケーキバイキングに行ったことのある人は多いのではないでしょうか。
行くことになったきっかけは人によって千差万別でしょうが、「単に甘いものが好きというよりもケーキが好き」という点は行ったことのあるすべての人に共通している理由ではないかと推測されます。
しかしそれ以外にも、給料やボーナスが入り財布の紐がゆるくなった、テレビや雑誌で新しいお店がオープンしたのを目にしたからといったことがきっかけかもしれませんが、男性の場合はおそらく交際している彼女や異性の友人に誘われて初めてバイキングに行ったという人がほとんどではないでしょうか。

しかし、いくらよく食べる男性であってもさすがにケーキとなるとそうたくさんの種類は食べられないものです。
反対に女性のほうが意外にさらっとたくさん食べてしまうものかもしれません。
甘いものが苦手でも彼女が楽しみにしているため断ることもできず、ほぼ付き添いという立場でケーキを食べに来る人も中にはいるかもしれませんが、カップルで二人そろって甘いものが好きな場合はデートでスイーツ店巡りを楽しむことができます。

少し前まではカフェ巡りと言われていたものが、今ではすっかりスイーツ店巡りと言えるほど、ひとつのスイーツに特化した専門店が続々とオープンしているのです。
例えばパンケーキやロールケーキ、マカロンやかき氷といった専門店がひしめき合って人気を博しています。
ですから、「今日はあれを食べに行こう」「次はあれにしよう」などとデートの度に使い分けることも可能で、飽きずに楽しめるデートスポットだと言っても過言ではないでしょう。

「甘いもの」とひとくちに言っても種類は様々ですから、ケーキが苦手、餡子が苦手などとある特定のスイーツだけがあまり好みではないという場合でも、このような専門店ならば二人で一緒に楽しめるところをピンポイントで探して訪れることができます。
かき氷でしたら餡子や練乳がたっぷり盛られた甘いものから、レモンやさわやかなフルーツ系のさっぱりしたものまでありますし、パンケーキでも生クリームやチョコレートソースがたっぷり添えられたスイーツ系のほかに、オムレツやベーコン、魚に合わせた食事系のパンケーキなど種類が非常に豊富なので朝食やランチで訪れるのもいいでしょう。

スイーツといっても決して甘いものだけではなく、専門店ではひとつの種類に特化しているからこそ、一皿に込めた食の可能性が広がっていると言えます。
ですからパンケーキをバターとシロップの甘いイメージだけで敬遠してしまうのはもったいないと言えるでしょう。
二人の記念日やどちらかの健闘を称えるご褒美に、スイーツ店を二人で巡り楽しむというのもおすすめです。